カテゴリー
土曜

イメプ専用板

Hな漫画を描くのが仕事なのに実際私の経験人数は少ない。さらに言うと最後にやったのも10年前。もう処女に近いと思っています。そんな私がよく利用しているのがイメプ専用板。イメプ専用板を利用しながら漫画のネタを考えています。たまにそれを見過ぎで自分まで興奮してしまうのともあるし、早く相手が欲しいなと思ってしまいます。
締め切り間近に編集者がきました。そこまで人気ではない私の漫画に応援してくれる数少ないこの人は私にとって大切な存在でした。今、出来ている漫画を見せると「今日もなかなか良いですね。でもここはもっと迫っていった方が読者はより興味を示しそう。」的確なアドバイスに私は素直に従います。
イメプ募集をしてコスプレセックスができるオナ電を探す
そして、無事に提出期限までに間に合いしばらく休暇をとっていたのでこれから何しようかなと考えていた時に「よければ、頑張ってくれる先生に感謝の気持ちを込めて食事に行きませんか。」外で外出なんて久しぶりだったので喜んで行くことにしました。
食事の会話では仕事の話ばかりでした。ただ、私が描いているHな漫画ということもあってボリュームは小さめ。私が何を参考にして描いているかを話した時彼は驚いていました。私のことを経験豊富と思っていたみたいです。なので、私は彼氏が欲しすぎてつらいと笑いを入れながら伝えると「早く言ってください。それよりも早く気付いてください。俺、先生のこと好きです。」こんな告白あるかと思いました。
電話エッチ
オナニー鑑賞